問題なく障がいを持つ人が社会の中で活躍する機会があり

問題なく障がいを持つ人が社会の中で活躍する機会があり、就職することができるように雇用促進の法律があります。一定規模の事業所は、障がい者のための採用枠を作ることが、事業所ごとの法定雇用率が制定されたことで義務づけられました。障がい者の就職のチャンスは、毎年障がい者を採用する企業は増えていることから広がっているといいます。法定雇用率を守ることは、長引く不景気の影響もあり事業所にとっては厳しいものとなっているようです。決して障がい者雇用枠はたくさんないため、就職活動を一般応募からするしかない障がい者も多数いるようです。自分の障がいの内容について企業側にしっかり話しておくとが、障がいを持つ人が就職活動を行うときには大事なことです。障がいの状況と必要な配慮について、面接では細かく聞かれることがよくあります。就職企業によって、障がいについての知識や理解はかなり異なるといえます。ほとんど面接官や人事担当者は分かっていないと思ってしっかりと話をしましょう。具体的に説明することが重要なので、下手に何かを隠したりすることはやめましょう。エピソードとしてこんな挑戦を障がいはあってもした、こんな結果を出したと話すことで自分をアピールすることができるでしょう。就職活動に取り組む場合には、たとえ障がい者雇用でも企業側に自分を知ってもらうためにも、自己分析を丁寧に行うようにしましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ