為替レートの足とは

為替レートをリアルタイムで表示するツールには、1時間足、3時間足、5時間足などが存在します。

為替レートのグラフには、足が用いられます。ローソクに似たグラフで為替レートを表示するときに足とひげをという記号を使ってレートを示します。

1時間足だけでなく、1分足、1カ月足、日足などが存在しています。為替レートのトレンドを知ったり、これからの値動きを把握するためには、このローソク足チャートがよく用いられています。

短い分足は、細かい為替レートの動きを見ることができます。1時間足、1日足など時間の単位が長いチャート表は、今後の値幅を長い期間で予測するために用います。

始値と終値、高値と安値の4つの情報が、ローソク足から読み取ることができるようになっています。

高値、安値、始値、終値の4つのレートが、5分足ならその5分について書かれています。

10分足なら10分間の、30分間なら30分間の始値、高値、安値、終値が書かれているのがローソク足チャートです。

現在のトレンドを知るためには、リアルタイムの為替レートが非常に役立ちます。

分足や時間足で為替レートを見ている人は大勢いるようです。リアルタイムの為替レートをきちんと読むことで、売りや買いの傾向が分かるので、しっかりとトレンドをつかむ事が大切です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ