為替介入のニュース

為替の値動きは、時事ニュースに左右されることがあるそうです。うまく相場の予測をするためには、常時ニュースでどんな情報がながれているか知っておくようにすることが大切です。

為替の動きに響いてくるのは、どのようなニュースなのでしょうか。為替介入のニュースはその中心となるものです。

通貨当局が外国為替相場に対し、相場に影響を与えるために外国為替の売買を行うことを、為替介入といいます。

日本では財務大臣の権限において実施されます。東京市場に政府・日銀が自ら行う単独介入や、他国と協議をした上で同時に行う協調介入があります。

介入の金額や規模については、外務省が出す外国為替平衡操作の実地状況からわかります。

値動きを誘導するために、実際には介入をしなくても、為替介入の姿勢を政府高官や通貨当局などが示すだけということもあるそうです。

介入するかもしれないという発言のみの効果を得る介入を口先介入といい、実際に介入をしないようです。

介入のニュースを多くの投資家が気にするのは、為替介入による値動きは大きなものになることがほとんどだからです。

介入の可能性があるとして、自動的に変動が緩められることがあるのは、大きな値動きがあった場合です。

日本銀行は2004年4月以降に為替介入を行っていません。2003年から2004年にかけて行われた為替介入では、意図した方向に相場を誘導することが出来なかったというニュースもあります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ