FXと外貨預金の違いを利用した利益の出し方

近年、CMなどでも聞くようになった言葉にFXという言葉があります。言葉は聞くけれど実際どのようなものなのか、ご存知の方も意外に少ないのではないでしょうか。 

まず、FXとは「Foreign Exchange」の略です。日本語に直すと、「外国為替取引」のことで、異なる国や地域の通貨を交換する取引のことを示します。例えば、米ドルと円を交換することやユーロと円を交換することなど、互いに異なる通貨を交換することができます。 次に仕組みについて説明します。

簡単に言えば、手持ちの資金の数倍から数十倍の金額の外貨を運用する仕組みになっています。しかし、これは「外貨預金」と何が違うのかといった疑問も生じる事でしょう。外貨預金とは銀行に外貨を預金することを指します。この場合、実際に売買する外貨相当の日本円を入金する必要があります。

しかし、外貨預金とは違い、銀行ではなく証券会社や専門会社を通して外貨取引行います。売買する外貨相当の日本円を入金する外貨預金とは違い、もっと小さな額の資金、要するに取引保証金だけで何倍もの大きな額を取引することが可能です。

外貨預金と比べて短期的に利益を上げることを期待できるといった仕組みを持っています。 では、利益はどのように出るのかといった点も考えてみましょう。利益の出し方はいくつかあります。例えば、相場の動きを利用して利益を出すことができます。外貨を「安く買って、高く売る」、「高く売って、安く買い戻す」ことによって利益を出すことができます。

相場を見て、今後相場が上昇しそうだと思うなら、先に外貨を買って上昇したのち売却することで利益を得られます。買った値段より、売った値段の方が高くなれば、利益になります。

逆に外貨預金と違い、外貨を持っていなくても先に売ることができるので、高く売る際に先に売っておいて後で買い戻すことで利益が得られます。 また、もう一つ、利益の出し方があります。

それは、スワップポイントを貯めることです。スワップポイントは、金利の異なる2種類の通貨の売買によって発生する2国間の金利差調整のことです。金利の安い通貨を売って金利の高い通貨を買い、保持し続けると金利格差の差額分がプラスになることで利益を得られます。 

このように気軽に始められ、利益を出すことができるのがFXの利点とも言えるでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ